患者だより

このお便りのきっかけ

このサイトにたどり着いた方は、誰かのがんの闘病記を読んで、
少しでもご自身または大切な方の治療や生活に参考にならないかなと
探してくださった方ではないでしょうか?11年前の私も同じことをしました。

がんに30歳代半ばで罹患してはや11年。
その間企業での就労を辞めることなく続け、手術、化学療法、自由診療の治療を経験しながら、
自分らしい生き方を追求してきました。

一方で、いまや日本人の2人に1人が一生涯でがんを経験するといわれているにも関わらず、
がんを身近なこととして理解できている人がとても少ないと感じています。

きっとそれは、自分の生活動線にがん患者からの情報発信を
目にする機会が少ないからではないでしょうか。

私の10年以上に渡るがん患者としての経験から伝えられる
「がんという病と、その付き合い方
(例えば、治療法や経済対策、医療者との付き合い方、公的機関の活用方法などの情報)」を
がん患者さん、およびそのご家族、ご友人または将来のがん患者さんにご提供し、
お役に立てればと思いました。

私1人のがん経験ではお伝えできる情報には限界がありますが、
この10年の経験を改めて整理することで皆さんに知っておいていただいて
損はない情報を発信させていただきたいと思います。

今のがん患者の私から、みなさんにお届けするがんにまつわる実体験です。

安田淳子プロフィール

1992年からビジネス経験をもち、25年以上組織就労経験があります。
勤務した企業も日系、仏系、米系と多岐にわたり、働いた業界も食品、
化粧品、日用雑貨、医療機器、通信とあり、
現在は医療業界を中心にコンサルティングを提供中。

2005年5月「がんの疑いあり」の検診センター担当者の一声から乳がんと付き合い始め、
再発、転移を繰り返しながら、現在も標準治療や免疫療法などの補助療法も取り入れながら、
自分らしいがん治療・生活を探索、実行しています。

※このウェブサイトの情報は著作権法により保護されており、複製、改変、転載等の行為を禁止します。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP