泌尿器

腎臓がんの治療

腎臓がんの治療法には、「手術療法」、「薬物療法(抗がん剤治療など)」、「放射線療法」などがあり、ガイドライン(腎癌診療ガイドライン)によって、ステージに応じた標準的な治療法が示されています(図)。

図 腎臓がんの病期と治療法

urinary012

がん情報サービスが日本泌尿器科学会編「腎癌診療ガイドライン2011年版」、(金原出版)をもとに作成
手術療法

腎臓がんのもっとも基本的な治療法で、「根治的腎摘除(全摘手術)」と「部分切除術」の2通りの方法があります。

根治的腎摘除は、がんのある側の腎臓を、副腎や周囲の脂肪組織とともに、ひとかたまりに取り除く方法です。一方、部分切除術は、がんの大きさが4cm以内と小さい場合、がんと周囲の正常組織だけを切除し、腎臓を部分的に残します。以前は、根治的腎摘除が標準治療でしたが、最近は部分切除が増えています。この理由として、診断技術の進歩によって、早期発見される腎臓がんが多くなってきたことが挙げられます。

手術の手技としては、お腹を切開して行う「開腹手術」と、お腹に小さな穴を空け、そこから内視鏡を入れて手術する「腹腔鏡手術」の2つがあります。ステージⅠの早期の腎臓がんでは、根治的腎摘除も腹腔鏡での手術が可能ですが、ステージⅡ期以降になると、多くは開腹手術が主体となります。

また最近では、医師が拡大された立体画像をみながら、自由に動く手術器具を遠隔操作して行う「ロボット支援手術」などの、新しい技術も導入されています。

薬物療法

腎臓がんの治療の第一選択は手術療法です。しかし、進行していたり、転移があったりして手術できないケースでは、薬物療法が選択されます。薬物療法には「免疫療法」と「分子標的薬」の2つがあります。

免疫療法は、免疫を担当している細胞(リンパ球)やタンパク質(サイトカイン、抗体など)の働きを高めることで、がん細胞を攻撃し、進行を抑制しようというもので、インターフェロンとインターロイキンという2つの薬が用いられています。ただし、効果がみられる患者さんは約15~18%とされています。

一方、分子標的薬は、がんの増殖に関係する物質をピンポイントで攻撃する、新しいタイプの抗がん剤です。現在、日本ではスニチニブ(商品名スーテント)、ソラフェニブ(同ネクサバール)、アキシチニブ(同インライタ)、テムシロリムス(同トーリセル)、エベロリムス(同アフィニトール)、パゾパニブ(商品名:ヴォトリエント「根治切除不能又は転移性の腎細胞癌」(2014年3月))が認可されています。

これまで腎臓がんに効く抗がん剤はありませんでしたが、分子標的薬は、患者さんの生存期間を延ばせることが、臨床試験で実証されています。

主な参考資料

  • 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」
    http://www.ncc.go.jp/jp/cis/ganjoho.html
  • 日本泌尿器科学会編:腎癌診療ガイドライン第2版2011年、金原出版
  • 日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編:腎癌取扱い規約第4版、金原出版(2011)
  • 国立がん研究センターがん情報サービス:それぞれのがんの解説「腎細胞がん」
    http://ganjoho.jp/public/cancer/renal_cell/index.html

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP