泌尿器

膀胱がんとその危険因子とは

膀胱がんとは

膀胱は、腎臓でつくられた尿を一時的に溜めておくための袋です。下腹部の中央、恥骨のすぐ裏側にあります。約500~700mlの尿を溜めることができます。

膀胱にできる悪性腫瘍が膀胱がんです。日本では、1年間に約2万人(うち男性が約1.5万人)が膀胱がんと診断されています(国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」2011年全国推計値より)。膀胱がんの罹患率(人口10万人当たり、何人ががんにかかるか)は60歳代から急増し、40歳未満での発症は稀です。一般的に若年者のがんは悪性度が高く進行のスピードが速いことが多いです。しかし、膀胱がんについては、若年者のがんで悪性度が低い傾向がみられます。

膀胱がんは、年齢に加えて、環境中の発がん性物質(タバコ、化学薬品など)にさらされた程度が高くなるほどかかりやすくなります。膀胱がんの罹患率をみると、男性での罹患率は女性の3~4倍高いです。これは、男性の方が女性よりも喫煙者が多く、若いうちに喫煙を始めることと関係しています。

なお、膀胱がんは、がんの素地となった細胞の種類や性状によって細かく分類されます。ここでは、その中でも多数を占める尿路上皮がんに焦点を当てて説明します。

膀胱がんと喫煙との関連、およびその他のリスク因子

喫煙(タバコ)は膀胱がんの主な原因です。男性患者の60%、女性患者の30%は喫煙が原因と考えられます。膀胱がんを発症するリスク(危険性)は喫煙していた期間と比例します。例えば、喫煙期間が10年以下の場合に膀胱がんにかかるリスクは喫煙しない人の1.2倍ですが、喫煙期間が40年の場合には3.0倍、60年の場合には6倍以上にリスクが上がります。喫煙者でも、早めに禁煙すれば膀胱がんのリスクを下げることができます。禁煙を15年以上続けると、膀胱がん発生のリスクは非喫煙者よりもわずかに高い程度にまで下がります。副流煙によって膀胱がんが生じる危険性は低いです。

膀胱は、皮膚や肺と同じように職業性の発がん性物質による影響を受けやすい臓器です。代表的な発がん性物質は、化学染料などに含まれる芳香族アミン類です。また、ディーゼル排ガスや一部の塗料も膀胱がんと関連すると言われています。

食事と膀胱がんとの関連について定説はありませんが、かんきつ類、りんご、ベリー類、トマト、にんじん、アブラナ科の野菜(大根、キャベツ、小松菜、ブロッコリー等)などに含まれるポリフェノールや抗酸化物質が、がんを予防すると考えられています。人工甘味料と膀胱がんとの関連が疑われたことがありましたが、現在ではこれは否定されています。

その他、慢性的な尿路感染症や放射線被曝なども膀胱がんのリスク因子として知られています。糖尿病やメタボリックシンドロームの人では膀胱がんのリスクが1.3~2倍ほど高くなるという研究結果がイタリアや中国、台湾の研究グループから報告されていますが、この議論についてはまだ結論が出ていません。

主な参考資料

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP