膵臓(すいぞう)

膵臓(すいぞう)がんの検査と診断

血液検査

膵臓がんで膵液の通り道である膵管が狭くなると、膵臓から分泌されるアミラーゼ、エラスターゼ1などの消化酵素が、血液中に漏れ出てきます。血液検査でこれらを測定し、膵臓の機能に異常がないかどうかを探ります。

また、血液検査で腫瘍マーカーも調べます。腫瘍マーカーは、がんから出てくる特殊な物質で、膵臓がんにおいてはCA19-9、Span-1、Dupan-2、CEAなどが代表的な腫瘍マーカーです。ただ、がんが進行して大きくならないと異常値を示さないため、早期診断にはあまり役立ちません。膵臓がん診断や膵臓がんフォローアップに勧められます。

腹部超音波検査

膵臓がんの診断の中で中心的な役割を果たしているのが画像検査です。なかでも腹部超音波検査は、スクリーニングから精密検査まで広く利用されています。

この検査で、膵臓の中に腫瘤はないか、膵管が拡張していないかなどをチェックします。患者さんに負担がかからないため、繰り返し行えることが利点です。しかし、脂肪や腸管内のガスによって超音波がさえぎられることがあるため、皮下脂肪や腸管ガスの多い人では観察できる部分が限られることがあります。

CT検査、MRI検査、磁気共鳴胆管膵管造影検査(MRCP)

CT、MRI検査では、がんの大きさや位置、周囲の臓器への広がり、転移の有無などを調べることができます。また、造影剤を使うことで、病変のより詳細な情報を得られます。

この2つは、腹部超音波検査や血液検査で膵臓がんが疑われた場合、次の検査と位置づけられています。MRI検査の特殊なものに、膵管や胆管を映しだすMRCP検査があります。

超音波内視鏡検査(EUS)、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)、陽電子放出断層撮影法(PET)

CT、MRI検査で膵臓がんと確定できないときには、EUSやERCPなどの検査を行い、必要に応じてPETを追加します。

EUSは、先端に超音波を発信する装置(プローブ)がついた内視鏡を胃に挿入して、胃壁を通して膵臓を観察する方法です。体の外からプローブを当てる普通の腹部超音波検査に比べ、解像度の高い画像が得られます。

一方、ERCPは、十二指腸まで内視鏡を挿入し、膵管に造影剤を入れてX線撮影する方法で、膵管の狭窄、閉塞などを映し出すことができます。

PETは腫瘍の質を診断する力が高い検査法で、膵臓の腫瘍が良性か悪性かを見分ける目的で行われます。

細胞診・組織診

さまざまな画像診断を組み合わせても膵臓の腫瘤が悪性か良性かを判断しがたい場合には、細胞診・組織診で診断を確定させます。

診断のアルゴリズム(手順)

膵臓がんが疑われる場合には、先に紹介したような血液検査とさまざまな画像検査が行われます。診断が確定するまでには、複数の検査法を組み合わせて用いられることが多いです。

日本膵臓学会が作成した「膵臓がん診療ガイドライン」では、そうした診断の標準的な手順を、「膵臓がん診断アルゴリズム」として示しています。

主な参考資料

  • 日本膵臓学会:膵臓がん診療ガイドライン2013、金原出版
  • 日本膵臓学会・膵臓がん診療ガイドライン改訂委員会編「膵臓がん診療ガイドラインの解説」2015、金原出版
  • 日本膵臓学会膵臓がん登録委員会:膵臓がん登録報告2007.膵臓:2007
  • 国立がん研究センターがん情報サービス:それぞれのがんの解説「膵臓がん」
  • 日本膵臓学会編:膵臓がん取扱い規約 2013、金原出版
  • 愛知県がんセンター中央病院Hp.「がんの知識-いろいろながん―すい臓がん」

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP