肺がんの病期(ステージ)

肺がんの病期(進行度)は、がんの大きさ、浸潤(がんが周囲の臓器に入り込むこと)、リンパ節転移や遠隔転移(遠くの臓器への転移)などによって、ⅠA~Ⅳ期の7ステージに分けられています。上皮内がんは0期となります。

肺がんのステージ分類
病期 拡がりの範囲
IA期 もとのがんの大きさが3cm以下で、肺のまわりの臓器に及んでいないもの。リンパ節転移がないこと。
IB期 もとのがんの大きさが3cmから5cmまでであるが、肺のまわりの臓器に及んでいないもの。リンパ節転移がないこと。
ⅡA期 もとのがんの大きさが5cm以下で、リンパ節転移がもとのがんと同じ側の気管支のまわりまでに限られるもの。または、もとのがんの大きさが5cm以上7cm以下であるがまわりの臓器に及んでいず、リンパ節転移がないもの。
ⅡB期 もとのがんの大きさが5cm以上7cm以下、リンパ節転移がもとのがんと同じ側の気管支のまわりまでに限られるもの。または、もとのがんの大きさにかかわらず肺のまわりの臓器に及ぶがリンパ節転移がないもの。7cmをこえるがリンパ節転移がないもの。
ⅢA期 もとのがんの大きさにかかわらず、肺のまわりの臓器に及んでいないもののうちリンパ節転移がもとのがんの同じ側の縦幅までに限られるもの。または、もとのがんの大きさにかかわらず肺のまわりの臓器に及ぶがリンパ節移転移が気管支のまわりあるいは縦幅に限られるもの。
もとのがんが、肺のまわりの重要臓器(心、大血管、気管、食道、椎体など)まで及ぶが、リンパ節転移がもとのがんと同じ側の気管支のまわりまでに限られるもの。
ⅢB期 もとのがんが、肺のまわりの重要臓器(心、大血管、気管、食道、椎体など)まで及ぶが、リンパ節転移が縦幅、鎖骨上窩まで及ぶもの。
Ⅳ期 もとのがんの大きさ、リンパ節転移にかかわらず、もとのがんと同じ胸腔内や肺から離れた臓器に転移しているもの及び、がん性胸水、心襄水。

主な参考資料

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP