肺がんの病期別にみた治療法の選択

肺がんの治療法には、外科手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤、分子標的薬)の3つがあります。どの治療法を選ぶのかは、①肺がんの種類(非小細胞がんか小細胞がんか)、②ステージ(病期)、③患者さんの状態(心臓、肝臓、腎臓など身体全体の機能が治療に耐えられるか)、の3つを総合的に考慮して決められます。

図 肺がんの組織別・病期別における治療法の概略

lung04

肺がんの診療ガイドラインでは、非小細胞がんと小細胞がんに分けて、推奨される治療法を示してします。原則としては、ステージⅠ、Ⅱ期では手術、Ⅲ期では放射線治療や化学療法、Ⅳ期では抗がん剤治療や緩和ケアが標準治療になります。

主な参考資料

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP