肺がんの転移と再発

がん細胞はどんどん増え続けるだけでなく、血液やリンパ液の流れに乗って、遠くの臓器に移動し、やがてそこに定着し、増殖します。これが転移です。肺がんは他のがんに比べ転移しやすいという特徴があります。なかでも転移しやすいのが脳や骨です。脳に転移すると、けいれん、手足のマヒ、感覚障害などが起こり、それがさらに進行すると、頭痛、吐き気、意識障害など危険な症状が現れてきます。また、骨に転移した場合には、腰や背中、手足などに痛みが出てきます。転移した骨はもろくなるため、骨折も起こりやすくなります。

転移した肺がんには、放射線療法や薬物療法が行われます。とくに放射線治療は、骨転移の痛みの改善に有効とされています。また、薬物療法では、まず消炎鎮痛薬が用いられ、効果が認められないときには、モルヒネなどの医療用麻薬が選択されます。

一方、再発は、手術や放射線療法でいったん消失したがんが、再び出現したり、他の部位に新しく転移巣が現れたりするケースをいいます。一般に再発した肺がんは、広がったがんをすべて取り除く手術が難しく、抗がん剤の投与が中心となります。部位によっては放射線治療を行うこともあります。こうした治療ができない場合には、痛みなどの症状を和らげる緩和療法で、患者さんの生活の質(QOL)の向上を図ります。

肺がん治療後の経過観察は非常に重要で、体調の変化に気づいたらすぐに医師に相談してください。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP