肺がんの検査と診断

肺がんを見つけるための検査

胸部X線検査

肺がんを診断するためのもっとも基本的な検査です。肺の奥にできる2cm以上の肺野型肺がんであれば、この検査でほぼわかります。しかし、肺の入り口にできる肺門型肺がんは、心臓や骨、血管などが重なっているため胸部X線検査では写りにくいことがあります。

胸部CT検査

X線で胸部を輪切りにした断面像を撮るものです。鮮明な画像が得られ、胸部X線検査では難しい2cm以下の早期の肺野型肺がんも捉えることができます。また、肺門型肺がんの検出にも威力を発揮します。

喀痰検査

痰の中にがん細胞が含まれていないかどうかを調べるものです。自分で痰を採取し、医療機関などに提出します。タバコを吸っていたり、痰や血痰、長引くせきなどの症状がみられたりする人には欠かせない検査です。とくに、肺の入り口の太い気管支にできた早期がんは、胸部X線写真では異常がないことが多く、喀痰検査が有力な発見手段となります。

診断を確定するための検査

気管支鏡検査

気管支鏡という特殊な内視鏡を口や鼻から挿入して、気管や気管支の内側を観察したり、がんが疑われる組織の一部や細胞、分泌物などの検体を取ってきたりする検査です。検査時間は20~30分ほどで、入院せずに外来で受けることができます。検体を採取する方法には、次のようなものがあります。

擦過細胞診

ブラシで病変部をこすって取ってきた細胞を顕微鏡で観察し、がん細胞があるかどうかを見る検査です。

気管支肺胞洗浄(洗浄細胞診)

肺胞に生理食塩水を注入して、その洗浄液を回収して顕微鏡で観察し、がん細胞があるかどうかを見る検査です。

経気管支穿刺吸引細胞診

気管支の壁を貫いて病変に針を刺し、細胞を取ってきます。

経気管支肺生検

病変の近くまで気管支鏡を進め、病変の組織をつまみ取ってくる検査です。

胸水検査

肺と胸壁の間に水が溜まっている場合は、胸腔に針を刺してその水(胸水)を抜き、胸水の中にがん細胞があるかどうかを顕微鏡で観察します。

経皮的肺生検

CTや超音波装置の画像をみながら、がんが疑われる部分に針を刺し、細胞や組織を採取する方法です。病巣が肺の奥にあって気管支鏡が届かない場合、気管支鏡検査で確定診断に至らなかった場合り、首の付け根のリンパ節が腫れているというように気道系の外に病変があるたりする場合などに行います。

がんの転移や広がりを調べる検査

肺がんの治療方針を立てるためには、肺がんと確定後に、転移の有無やがんの広がり、進行状態を把握する必要があり、次のような画像検査が行われます。

CT検査

肺がんの診断病期の診断においても、もっとも基本的な検査です。だけでなく、病変の大きさ、広がり、位置、リンパ節転移の有無など、広がり、肺がんがどこまで進行しているかを調べるのにも役立ちます。胸部CTに、腹部CT、脳CTなどを組み合わせて見ることで、隣接する臓器だけでなく、肺から離れた他の臓器への転移もチェックできます。

MRI検査

正式には、磁気共鳴画像診断法といいます。がんと周囲との関係や広がりを見る際に使用しますのに有用です。主に、脳の転移のチェックには、造影MRIが有用です。また、遠隔転移の有無を調べるためにも用いられます。

FDG-PET(ペット)

ポジトロンCTとも呼ばれ、肺病変の良性・悪性を見分けるために補助的に使用される検査です。ブドウ糖に似た物質に少量の放射性物質をつけたもの(18F-FDG)を、静脈に注射します。がん細胞は分裂のスピードが速くたくさんのエネルギーを必要とするため、多量のブドウ糖が取り込まれ、18F-FDGもがん細胞に集まります。18F-FDGの発する放射線をポジトロンスキャナーという装置で検出し、画像化することによってがんの有無がわかります。さらに、転移や再発のチェック、治療効果の判定などに有用です。CTとFDG-PETとを組み合わせたFDG-PET/CTは、最近注目されている検査法です。CTだけ、またはFDG-PETだけを行うよりも、診断の精度が高いと報告されています。

骨シンチグラフィ

FDG-PETと同様に、放射線を出す物質を静脈から注射し、がんが骨に転移しているかどうかを調べます。転移していると、放射性物質がそこに集まり放射線を出します。それをシンチカメラで写し、画像化するもので、全身の骨への転移を一度の検査で調べることができます。FDG-PET/CTを実施できない場合には、骨シンチグラフィを行うことが勧められます。

主な参考資料

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP