肺がんの症状

肺がんの初期の段階では、特徴的な症状はみられません。しかしある程度進行すると、血痰、長引くせき、息切れ、喘鳴(呼吸するたびにゼーゼーいう)、声のかすれといった症状が現れるようになります。

なかでも注意が必要なのは血痰です。肺がんの場合、がん細胞が崩れて痰に血が混じります。血痰は、肺がんを疑う重要なサインとなります。

肺がんがさらに進行すると、息苦しさ、動悸や不整脈、胸の痛みなどがみられます。これは、がんが進んで、肺の機能が低下したり、周囲の臓器に浸潤するために起こる症状です。さらに他の臓器や神経に転移あるいは浸潤すると、頭痛、吐き気、上大静脈症候群(上半身のむくみ)、食欲低下、手足のマヒ(脳への転移)、腰や背中、手足の痛み(骨への転移)などをきたすようになります。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP