肺がんとは

肺がんは肺や気管支にできるがんです。これらの組織で徐々に大きくなるほか、血液やリンパ液の流れに乗って他の臓器にも転移します。

図1 部位別がん死亡数(2013年)

lung02

(国立がん研究センターがん情報サービス「最新がん統計」より引用)

わが国では、肺がんにかかる人も亡くなる人も増加の一途をたどっています。国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」(2013年)によると、1年間に肺がんで死亡する人は、男性が約5万2,000人、女性が約2万1,000人、合わせて約7万3,000人。男女を合わせると、すべてのがんの中でもっとも多くなっています。

年齢的には、50歳代の後半から増え始め、高齢になるほど罹患率が高くなっていきます。

主な参考資料

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP