女性

卵巣がんが再発・転移

卵巣がんは、再発や転移が起こりやすいといわれています。

再発は、体内に残っていた微細ながんが再び増殖するために起こります。再発が一部にとどまっているときは、再手術で切除しますが、それが難しいケースでは化学療法や放射線療法による緩和治療が主体となります。

一方、転移は、がん細胞がリンパ液や血液に乗って別な臓器に移動し、そこで成長したものです。卵巣がんでは、腹膜への転移である腹膜播種(はしゅ)が多いのですが、骨や肺に転移することもあります。転移した場合には、抗がん剤治療が中心となります。ただし、脳に転移したがんに対しては放射線療法が有効です。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP