女性

卵巣がんの検査と診断

卵巣がんかどうか、またがんがどの程度進行しているかを調べる検査には、「内診・直腸診」、「超音波検査」、「CT・MRI検査」、「血液検査(腫瘍マーカー)」などがあります。

内診・直腸診

内診では、膣から指を入れて、子宮、左右の卵巣の大きさ、形、腫れの状態を調べます。また、直腸診では肛門から指を入れ、直腸や周囲に異常がないかをチェックします。ただ、初期の卵巣がんは内診だけではなかなか見つかりません。

超音波検査

内診・直腸診と同時に行います。超音波を出す器具(プローブ)を膣内に挿入し、子宮や卵巣の様子を映し出して、がんの有無、性状、リンパ節転移があるかないかなどを調べます。
なお、超音波検査は人間ドックやがん検診のメニューにも入っています。特に卵巣がんの家族歴があるなどリスクを抱えている方は、人間ドックやがん検診などでこの検査を受け、医師のアドバイスを得るとよいでしょう。

CT・MRI検査

超音波検査などで、卵巣がんが疑われた場合には、CT、MRI検査を行い、転移の有無、がんが周囲の臓器へ広がっているかどうかなどを調べます。これらの画像検査は、手術の範囲や治療方法を決める上でも有用です。

血液検査(腫瘍マーカー)

腫瘍マーカーは、がん細胞が作り出す物質で、がんがあると血液中で高くなります。卵巣がんでは「CA125」という腫瘍マーカーがその代表です。ただ、卵巣がんでも、CA125に異常が認められないケースもありますので、卵巣がんかどうか、良性か悪性か、どの程度の進行度かの判断は、手術で採取した病変を顕微鏡で調べたり、超音波、CT、MRIなどの画像検査と組み合わせたりして、総合的に行うことが多いです。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP