女性

子宮頸がんの症状

子宮頸がんとは?

子宮にできるがんをひと括りに「子宮がん」と呼びますが、発生する部位によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分けられます。この2つは、発生の原因や仕組み、がんの性格、発症しやすい年齢などすべて異なります。

子宮頸がんは、子宮の入り口に当たる子宮頸部にできるがんで、発症のピークは30~40歳代ですが、最近は20歳代に急増しています。一方、子宮体がんは、子宮の奥の「子宮体部」に発生するもので、女性ホルモンが関係するとされ、閉経後の女性に多くみられます(子宮体がんについては次項の「子宮体がん」参照)。

原因

子宮頸がんの発生の多くには「ヒトパピローマウイルス(HPV)」が関係するとみられています。HPVは、もともとは皮膚などにイボを作るウイルスですが、その中の十数種類が子宮頸がんの原因になります。主な感染経路は性交渉で、セックスの経験がある人の8割以上は、一度は感染したことがあるといわれます。もっとも、ヒトパピローマウイルスに感染した人のうち、がんが発生するのは1,000分の1ほどです。

症状

子宮頸がんになっても初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。ですから、早期発見のためには検診が大切です。
進行すると、やがて不正出血が現れるようになります。とくに性交後に出血が起こりやすくなります。さらに進むと、性器からの出血が続くようになり、悪臭を伴ったおりものがみられるようになります。

検診

子宮頸がんは、初期にはほとんど症状がないので、早期発見するには、検診を受けることが欠かせません。子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスの感染で起こります。しかし、このウイルスが感染してから子宮頸がんを発症するまで、通常5~10年かかります。この間に、定期的な検診で前がん病変(異形成)を見つければ、がんになる前に治療できますし、仮にがんに進行していても初期なら、ほぼ100%治すことが可能です。

欧米諸国では、18歳以上の女性の60~80%が検診を受けていますが、日本では20~30%と低いのが現状です。これは、子宮頸がんについての認識が十分浸透していないためですが、がんになるリスクを少しでも減らすため、定期的に検診を受けることが大切です。

検査と診断

検診などでがんが疑われたときには、精密検査が必要です。検査としては、「細胞診」、「組織診」、「コルポスコープ診」などが実施されます。また、がんの広がりを調べるため超音波検査、CT、MRIなどの画像検査も行われます。

子宮頸がんを見つける検査
細胞診

ブラシやへらで、子宮頸部の細胞をまんべんなく採取して、がんが存在しているかどうかを顕微鏡で調べる検査です。がん細胞だけでなく、その前段階である異形成(前がん病変)も発見できます。

コルポスコープ診

細胞診で、がんの可能性が高いと判断された場合には、次に内視鏡による検査を行います。用いるのはコルポスコープという拡大鏡で、子宮頸部の粘膜表面を拡大して、細かい部分を詳しく調べます。この検査で、がん病変や異形成の有無、程度が推定できます。

組織診

細胞診やコルポスコープ診で異常が見つかった場合には、がんが疑われる部分から組織の一部を切り取り、顕微鏡で調べます。この検査で、がんかどうかが確定します。

広がりや転移の有無を調べる検査(画像検査)
超音波検査

超音波(エコー)装置を使って子宮内を調べる検査で、産科婦人科領域では子宮がんに限らず、広く用いられています。プローブ(超音波発振器)をおなかの表面に当てて、外側から子宮内を観察する「経腹部超音波検査」と、プローブを膣から入れて調べる「経膣超音波検査」があります。経膣超音波検査のほうが、子宮や卵巣の様子が詳しくわかるため、現在ではこちらが主流になっています。

CT検査、MRI検査

CT検査は、リンパ節転移の有無、肺、肝臓、すい臓など他の臓器に転移していないかを診断するのに有用です。また、MRI検査では、腫瘍がどこまで浸潤しているか、近くの卵巣、卵管、膀胱などにまで広がっていないかなどがわかります。手術を行う際には、摘出範囲を決定するためMRI検査は有用です。

子宮頸がんの病期(ステージ)

検査で、子宮頸がんであることが判明した場合には、がんの深さ、広がり、転移があるかどうかを調べ、病期(ステージ)を決定します。病期は、Ⅰ~Ⅳ期に分類され、さらにa、bに細分化されています(表1)。

表1 子宮頸がんの病期(ステージ)
I期 がんが子宮頸部のみに認められ、ほかに広がっていない
(子宮体都への浸潤[広がり]は考えない)
IA期 組織学的にのみ診断できる浸潤がんで間質浸潤の深さが5mm以内、縦軸方向の広がりが7mmを超えないもの
IA1期 組織学的にのみ診断できる浸潤がんで間質浸潤の深さが3mm以内、縦軸方向の広がりが7mmを超えないもの
IA2期 間質浸潤の深さが3mmを超えるが5mm以内、広がりが7mmを超えないもの
IB期 臨床的に明らかな病変が子宮頸部に限局するもの、または臨床的に明らかではないがIA期を超えるもの
IB1期 病変が4cm以内のもの
IB2期 病変が4cmを超えるもの
II期 がんが子宮頸部を越えて広がっているが骨盤壁または膣壁の下1/3には達していないもの
IIA期 がんが膣壁に広がっているが、子宮頸部の周囲の組織には広がっていないもの
IIA1期 病変が4cm以内のもの
IIA2期 病変が4cmを超えるもの
IIB期 がんが子宮頸部の周囲の組織に広がっているが、骨盤壁まで達していないもの
III期 がんが骨盤壁まで達するもので、がんと骨盤壁との間にがんでない部分をもたない、または腟壁の浸潤が下方部分の1/3に達するもの
IIIA期 がんの腟壁への広がりは下方部分の1/3に達するが、子宮頸部の周囲の組織への広がりは骨盤壁にまでは達していないもの
IIIB期 がんの子宮頸部の周囲の組織への広がりが骨盤壁にまで達しているもの、または腎臓と膀胱をつなぐ尿管ががんでつぶされ、水腎症や腎臓が無機能となったもの
IV期 がんが小骨盤腔を越えて広がるか、膀胱・直腸の粘膜にも広がっているもの
IVA期 膀胱や直腸の粘膜へがんが広がっているもの
IVB期 小骨盤腔を越えてがんの転移があるもの

がん情報サービスが日本産婦人科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編「子宮頸癌取扱い規約(第3版)、金原出版」をもとに作成

主な参考資料

  • 日本産婦人科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編「子宮頸癌取扱い規約(第3版)」、金原出版
  • 日本婦人科腫瘍学会編「子宮頸がんガイドライン2011年版」、金原出版
  • 清水敬生:名医の図解/よくわかる「子宮がん・卵巣がん」、主婦と生活社、2007年
  • 宮城悦子:よくわかる最新医学「子宮がん」、主婦の友社、2012年1月20日、第4刷
  • 日本産婦人科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編「子宮体癌取扱い規約(第3版)」、2012、金原出版
  • 日本婦人科腫瘍学会編「子宮体がん治療ガイドライン2012年版」、金原出版
  • 国立がん研究センターがん情報対策センター
    http://ganjoho.jp/public/index.html
  • 公益財団法人・日本対がん協会Hp 「がん・検診について――子宮がんの基礎知識」
    http://www.jcancer.jp/about_cancer_and_checkup
  • 公益社団法人日本産科婦人科学会Hp 「病気を知ろう――子宮頸がん」
    http://www.jsog.or.jp/public/knowledge/keigan.html
  • 特定非営利活動法人・日本成人病予防協会Hp
    http://www.japa.org/seikatsusyuukannbyou/gan/gan_shikyuu_t01.html

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP