女性

乳がんの治療

治療法

乳がんの治療では、次に挙げる治療方法の中から必要なものを選び、適切な順番で実施します。

手術療法

手術療法には、できるだけ乳房を残す「乳房温存術」と、乳房全体を切除する「乳房切除術」の2つがあります。以前は、再発や転移を予防するため、できるだけ大きく切り取ったほうがいいという考えから乳房切断術が主体でした。現在では、乳房温存術でも治療効果が期待できる場合は、必要以上に大きな手術は避けられるようになり、乳房温存術も広まってきました。

乳房温存術は「しこりの大きさが3cm程度以下」の場合に適するとされています。しかし、3cm以上でも手術前に薬物療法でがんを小さくすれば乳房温存術が可能となることもあります。

放射線療法

放射線療法は、高エネルギーの放射線を当て、がん細胞の増殖を抑えたり死滅させたりする治療で、乳房温存手術後、乳房切除術後、手術ができないケースなど、いろいろな場面で用いられます。なかでも、乳房温存術の後は、乳房内に残っている目に見えない微小がん細胞にダメージを与えるために、放射線を照射することが多いです。

薬物療法
抗がん剤による治療(化学療法)

乳がんは、がんの中でも抗がん剤が比較的効きやすいといわれており、抗がん剤治療(化学療法)は重要な選択肢となります。

抗がん剤には多くの種類があり、標準治療に用いられるのは次のような薬剤です。

  • アンスラサイクリン系:アドリアマイシン(略号A)、エピルビシン(E)
  • タキサン系(T):ドセタキセル(D)、パクリタキセル(P)
  • シクロホスファミド(C)
  • 5-フルオロウラシル(5-FU、F)
  • メトトレキサート(M)

これらの抗がん剤はそれぞれ作用が異なります。1種類だけの抗がん剤を用いることはほとんどなく、多くの場合は2~3種類の薬を組み合わせて同時または順番に使います。これを「多剤併用療法」といい、薬剤の頭文字(略号)をつなげて、AC療法(アドリアシン+シクロフォスファミド)、AT療法(アドリアシン+タキサン系)、というように呼びます。年齢が高くなるにつれて効果は低くなります。

ホルモン剤による治療(ホルモン療法、内分泌療法)

乳がんの中にはエストロゲン(女性ホルモン)を取り込んで増殖するタイプがあり、患者さん全体の70~80%にこのタイプのがんがみられます。これに対して、エストロゲンの量を減らす、またはエストロゲンの作用を抑えるホルモン剤を投与し、がんの増殖を抑えようというのが「ホルモン療法」です。

エストロゲンを取り込むタイプの乳がん細胞には、エストロゲンをキャッチするアンテナがあります。これを「ホルモン受容体」と呼びます。患者さんのがん細胞にホルモン受容体があるかないかは、手術や生検で採取した乳がんの組織を調べればわかります。

ホルモン受容体には、「エストロゲン受容体」と「プロゲステロン受容体」の2種類があります。両方またはいずれかの受容体が陽性あればホルモン感受性の乳がんで、ホルモン療法の効果が期待できます。

現在、乳がんの治療に用いられているホルモン剤は、「抗エストロゲン剤」、「LH-RHアゴニスト製剤」、「アロマターゼ阻害剤」などで、閉経前か閉経後かによって使い分けます。

分子標的薬による治療(分子標的治療)

分子標的薬は、がんの増殖に関わる特定の分子を、ピンポイントで狙い撃ちし、がん細胞を死滅させる新しい治療薬です。抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常細胞にもダメージを与えますが、分子標的治療は、がん細胞だけをターゲットにしますから、副作用が比較的少ないという利点があります。

乳がんで用いられる代表的な分子標的薬は「トラスツズマブ」(ハーセプチン)です。がん細胞の表面には「HER2」と呼ばれる受容体があります。このHER2ががん細胞に「増殖しろ」という指令を出して、がん細胞が増えていきます。トラスツズマブは、司令塔であるHER2に結合し、働きをブロックすることで、がんの増殖を抑えます。また、HER2にくっついたトラスツズマブを目印に、免疫細胞(外敵を攻撃する身体の中の細胞)が出動し、がん細胞に攻撃をしかけます。

がん細胞にHER2が過剰にあるかどうかは、針生検や手術などで切り取った乳がん組織を調べればわかります。この検査で「HER2陽性」となれば、トラスツズマブの適応となります。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP