消化管

胃がんの治療

胃がんの病期ごとに奨められる治療法が決まっています。主な治療法は内視鏡治療、手術(胃切除)、化学療法(補助化学療法を含む)、放射線療法、対症療法などです。

胃がんの主な治療法

  • 内視鏡治療(EMR、ESDなど)
  • 手術(開腹手術による胃切除術、腹腔鏡下胃切除術)
  • 化学療法(補助化学療法を含む)
  • 放射線療法
  • 対症療法
内視鏡治療

内視鏡治療は、IA期のうち、がんが粘膜に限局している場合に奨められる治療法です。EMR、ESD(食道がんの項目を参照)などの方法があります。内視鏡治療でがんを十分取り切れなかった場合には、手術による胃切除を追加します。

手術療法

手術療法は、胃がんに対する最も有効で標準的な治療法です。胃がんの場所と病期に応じた範囲で胃を切除します。同時に、周囲のリンパ節も切除します。遠隔転移のあるIV期を除くすべての病期で選択し得る治療法となります。

手術は通常、開腹して行いますが、がんの場所と病期によっては腹腔鏡下胃切除術も選択肢の一つになります。腹腔鏡下胃切除術は、腹壁に開けた数か所の孔から専用のカメラや器具を腹腔内に入れて胃を切除する方法です。開腹手術よりも体の負担が少なく、術後の回復が早いというメリットがあります。ただし、手術の合併症が出る可能性がやや高くなります。また、長期の成績も明らかにされていません。このため、腹腔鏡下胃切除術を希望する場合は、主治医とよく相談する必要があります。

化学療法(抗がん剤治療)

化学療法は、手術と組み合わせて、再発予防の目的で行う補助化学療法と、手術による治癒が難しい胃がん(切除不能進行・再発胃がん)で延命や症状軽減の目的で行われる化学療法に分けられます。わが国の補助化学療法では、TS-1という抗がん剤の内服が標準治療になっています。延命・症状軽減目的の化学療法では、代謝拮抗薬、プラチナ系薬、タキサン系薬、塩酸イリノテカンなどの抗がん剤を単独または組み合わせて使用します。さらに、がんの増殖に関係するたんぱく質であるHER2(ハーツー)が陽性の場合は、HER2たんぱくを攻撃する抗HER2抗体製剤であるトラスツズマブを併用します。

胃がん患者さんのフォローアップ方法はまだ明確にされていませんが、5年間のフォローアップが原則とされています。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP