肝・胆

胆のうがんとは

胆のうがんとは

胆のうは上腹部の肝臓の真下にあり、肝臓で作られた胆汁という消化液を蓄えておく臓器です。食べ物が十二指腸に入ると、胆のうから分泌された胆汁が、胆のう管(胆道)を通って十二指腸に送られ、消化吸収を助けます。この、胆のうの組織中にできるがんを「胆のうがん」といいます。

胆のうがんの危険因子としては、胆石、胆のう・胆道炎、潰瘍性大腸炎、クローン病などが知られており、肥満、カロリーの摂りすぎ、野菜不足などもリスクを高めると考えられています。

図 胆のうの位置

enzyme06

胆のうがんの症状

初期は無症状ですが、がんが進行すると、腹痛、発熱、黄疸(おうだん)といった症状が現れてきます。胆石が合併していると、繰り返す強い痛みや背中に広がる痛みが起こることがあります。

胆のうがんでよくみられる症状
  • 腹痛
  • 発熱
  • 黄疸(がんが進行し、胆汁の通路である胆道を閉塞すると現れます)
  • 腹部腫瘤(右のろっ骨の下に腫瘤として胆のうを触れることがあります)

胆のうがんの検査・診断

血液検査

胆のうがんの初期には異常が出ませんが、がんが進行すると、血液中のビリルビンやアルカリフォスファターゼ(ALP)の数値が高くなります。また、腫瘍マーカーであるCEAやCA-19-9の値も補助診断に用いられますが、これらは胆のうがんで必ず上昇するとは限りません。

超音波検査

胆のうがんが疑われたとき、最初に行う検査です。非侵襲的で患者さんへの負担が少なく、何度も行えるのが利点です。人間ドックなどでこの検査で胆石や胆のうポリープが発見され、精密検査で早期の胆のうがんが偶然見つかるケースも少なくありません。

CT、MRI検査

超音波検査で胆のうがよく見えない場合や、異常が疑われた際にはCT検査を行いいろいろな角度から体内の詳細な像を連続的にみます。さらに詳しく調べるときにはMRI検査を行います。これらの検査によって、胆のうがんの存在、周辺の臓器への広がり、転移の有無などをチェックできます。

内視鏡的逆行性胆管造影(ERC)

内視鏡を口から十二指腸まで送り、先端から出した細いチューブ(カテーテル)を胆管に挿入し、造影剤を入れて、エックス線撮影を行う方法です。胆のうがんの状態を詳しく調べたり、黄疸がある場合、胆管のふさがっている状況を検査したりするために行われます。

肝臓がん・胆のうがんの主な資料

  • 日本肝臓学会編「科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2013」、金原出版
  • よくわかる最新医学、泉並木著、肝臓病の最新治療、主婦の友社 2012年
  • 矢永勝彦、脇山茂樹著「肝臓がん」といわれたら 保健同人社 2012年
  • 国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」
    http://ganjoho.jp/
  • 国立がん研究センターがん対策情報センター:がんの冊子、各種がんシリーズ「肝細胞がん」2015(3版)
  • 東京医科歯科大学肝胆膵外科ホームページ「胆道の病気と治療―胆嚢がん」
    http://www.tmd.ac.jp/grad/msrg/gallbladder/gallbladder_cancer.html
  • 日本肝臓研究会編「臨床・病理原発性肝癌取扱い規約(第5版)金原出版
  • 東邦大学医療センター大森病院消化器センター外科ホームページ

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP