がんの標準治療

化学療法(抗がん剤治療)

がんを手術しても、その後再発することも少なくありません。手術では目に見えない小さながん細胞が残ることがあり、それが増えてしまうのです。また、がん細胞は血液やリンパの流れに乗って、離れた臓器に転移することがあります。

そこで、抗がん剤を投与して、がん細胞を攻撃する化学療法が行われます。手術の対象にならない進行がんでは化学療法のみを単独で行うこともあります。抗がん剤は、副作用を最小限に抑えながら最大限の効果が得られるように投与します。最近は、白血球減少、吐き気などの副作用を軽減する支持療法が進歩したため、副作用で中止になるようなことは以前より少なくなりました。また、外来で行う場合が増えています。

近年、分子標的治療薬を用いた治療も広く行われるようになりました。従来の化学療法は、主にがんの部位(例えば肺がん)ごとに有効な抗がん剤を組み合わせて投与するのに対して、分子標的治療薬は投与する患者さんのがん細胞に特徴的な分子レベルの異常を標的として攻撃する薬です。がん細胞を狙った治療であるため、正常な細胞への悪影響が比較的小さく、副作用も少ないと考えられています。ただし、病状や薬剤によっては重い副作用が出ることもあります。分子標的治療薬には、その薬剤が有効かどうかを投与前にある程度予測できるというメリットもあります。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP