樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法の種類

3つに分類される樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法は、大きく分けて、がんの目印として人工がん抗原を用いた「人工抗原樹状細胞ワクチン療法」、手術などで取り出した患者さんご自身のがん組織を用いた「自己がん組織樹状細胞ワクチン療法」、抗原を用いず、がん組織に樹状細胞ワクチンを注射する「局所樹状細胞ワクチン療法」の3つに分類されています。

自己がん組織がなくても実施可能-人工抗原樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法の要点は、「樹状細胞にがんの目印を覚えこませる」ことです。その際に、がん組織を患者さんから採取して、がんの目印とする方法もありますが(自己がん組織樹状細胞ワクチン療法)、全ての患者さんで自己がん組織を採取できる訳ではありません。過去に手術を終えたか、病状によって手術ができない患者さんでは、自己がん組織を取り出すことが出来ないのです。
そこで、代用に考えられたのがWT1ペプチドなどの人工抗原です。

がんの目印すなわち「がん抗原」は、アミノ酸が複数個結合したペプチドでできており、これを人工的に合成したものが「人工抗原」になります。また、多くの研究者らが、さまざまながん種からがん抗原を発見しており、それを人工的に合成して樹状細胞に覚えこませれば、自己がん組織が無くても樹状細胞ワクチン療法を実施可能です。
こうした方法を、「人工抗原樹状細胞ワクチン療法」と言います。

人工抗原樹状細胞ワクチン療法で注意しておきたいことは、何の人工抗原を使っているかです。それによって当然がんに対する効果も異なってきます。
WT1ペプチドは、ほぼすべての固形・血液がんに存在しているがん抗原であるため、これを使うことで多くの患者さんに樹状細胞ワクチン療法を実施できるようになりました。加えて、WT1ペプチドには“強い抗腫瘍免疫反応の誘導”を期待できることから、人工抗原として現在最も有望視されています。

※WT1を発現している主ながん; 白血病、肺がん、乳がん、消化器がん、脳腫瘍、頭頸部がん、軟部肉腫・骨肉腫、甲状腺がん、女性器がん、小児がん

Sugiyama H. Jpn Clin Oncol Vol. 40, Number 5 2010: 377-87
詳しくはこちらを参照

自己がん組織樹状細胞ワクチン療法

がん組織を採取できる患者さんが、このがん治療法の対象です。「自己がん組織樹状細胞ワクチン療法」とは、文字通り、自己のがん組織を用いて樹状細胞にがんの目印を覚えこませるがん治療です。具体的には、自己がん組織を樹状細胞に取り込ませ(エンドサイトーシス)、樹状細胞に“患者さんのがん細胞そのものの特徴”を覚えこませます。当然ながら、事前に手術などでがん組織を採取、そして保管しておく必要があります。 充分な量のがん組織を採取できない患者さんは、この方法を実施することは出来ません。その場合には、WT1ペプチドなどの人工がん抗原を用いて培養した樹状細胞で、治療を受けていただくことになります。

局所樹状細胞ワクチン療法

「局所樹状細胞ワクチン療法」は、がん組織へ直接的に大量の樹状細胞を注射する治療法です。そうすることで、樹状細胞はがん組織の中に入り込んで、がんの目印を手に入れます。「人工がん抗原樹状細胞ワクチン療法」や「自己がん組織樹状細胞ワクチン療法」では、樹状細胞を体外に取り出して“がん攻撃の指揮官”に育てますが、局所樹状細胞ワクチン療法ではそれを体内のがん組織中で行います。

このがん治療法は、「樹状細胞を直接注入できるがん病巣」を持つ患者さんが対象になります。頭頸部がん、乳がん、食道がん、胃がんなどが適応となります。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP