樹状細胞ワクチン療法

標準治療との組み合わせで相乗効果が期待される

現在のがん治療 標準治療について

がんと診断されたとき、一般的に患者さんが受ける治療方法は大きく3つあります。「外科療法(手術)」「化学療法(抗がん剤)」「放射線療法」です。
がんの標準治療は、これら3つの治療方法を柱として、科学的根拠に基づいて有効性が証明された治療であり、多くは公的保険の対象となっています。

しかし、標準治療であっても、がんの進行度によっては効果が限定的だったり、副作用が発現したりするので、がんを完治させるのは難しいのが現状です。一方で高齢化の影響を受け、がんになる患者さんは年々増加し、現在、日本人の2人に1人ががんになるといわれています。
時代とともに、がんやがんの診療に伴う身体的・精神的苦痛の軽減など患者さんそれぞれにあった治療方法が求められるようになり、がん治療の研究も進歩してきました。こうして誕生した治療方法のひとつが、第4のがん治療と期待される免疫治療の1つ、患者さん自身の免疫細胞を利用した、樹状細胞ワクチン療法です。

即効性のある標準治療と樹状細胞ワクチン療法の特徴を活かしたがん治療

標準治療が外部からの力(手術・放射線・抗がん剤)を借りてがんを治療するのに対し、樹状細胞ワクチンはヒトが本来持っている免疫力を活かしてがんを治療するため、身体への負担が少なく、辛い副作用で苦しむことは、ほとんど報告されていません。

また、長くゆっくりと効果が持続するということも特徴の1つである樹状細胞ワクチン療法と即効性のある標準治療とを組み合わせることでより高い治療効果が期待できます。


主治医と樹状細胞ワクチン療法の担当医師との連携について

「違う先生に頼ったりしたら、主治医が気を悪くするのではないか」、または「主治医と樹状細胞ワクチン療法担当医師は、きちんと手を組んでくれるだろうか」…そうした懸念を持たれる患者さんもいるでしょう。

現在は、複数の医療機関が密に連携しながら、それぞれの専門領域において、ひとりの患者さんの治療に取り組むようになってきています。がんの治療も例外ではなく、多くの医療機関では医療連携がスムーズに行われています。よって、患者さんが樹状細胞ワクチン療法をご検討なさりたい場合、樹状細胞ワクチン療法担当医師は必ず主治医の先生と連絡を取り、患者さんが今までどのような治療を受け、今どのような病状にあるのかを把握します。樹状細胞ワクチン療法担当医師は主治医と意見を交換し合い、双方の医師で有意義と合意され、かつ患者さんが納得された上で樹状細胞ワクチン療法が実施されます。このように、複数の医療機関・医師が連携して患者さんががんと闘うためのサポートをします。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP