樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法の特長

樹状細胞ワクチン療法は“がんに厳しく、患者さんにやさしい”がん治療

一人ひとりに合わせた治療法

樹状細胞ワクチン療法では、患者さんのがん種、治療経過、全身状態(容体)にあわせて、一人ひとりに好ましい治療計画が立てられます。また、樹状細胞に覚えこませる“がんの目印”として、ご自身のがん組織を使ったり、ご自身のがん細胞に発現している抗原を調べたり、人工抗原(WT1ペプチドなど)を使ったり、一人ひとりにあったオーダーメイドの治療法です。

身体に負担の少ない治療

患者さんの体から取り出した細胞をもとに「樹状細胞ワクチン」を作り、それを体内へ戻す治療法であるため、重篤な副作用の心配がほとんどありません。

入院の必要がない

樹状細胞ワクチンは、身体に負担の少ない治療法の為、普段の生活を送りながら治療に取り組むことが可能です。約2週間に1回のペースで、3~4ヶ月、患者さんに投与されます。従って、入院の必要がありません。

標準治療との組み合わせができる

がんの三大標準治療(手術・抗がん剤・放射線治療)に対して、樹状細胞ワクチン療法は“第4のがん治療”と呼ばれていますが、がん種によっては、標準治療と相性の良い治療法であり、それぞれの治療方法のよさを生かして併用すると、より高い効果が期待できます。

例えば、手術でがん病巣を取り除いた後に樹状細胞ワクチン療法を実施すれば、手術では取り除けなかった、あるいは全身に散らばった目に見えないがん細胞を排除することに役立ち、再発予防が期待されています。

転移しているがんにも対応

樹状細胞からがんの目印を教わったリンパ球が、体内をめぐってがん細胞を攻撃します。そのため樹状細胞ワクチン療法は、がんが転移した患者さんにも有効性が期待されています。

樹状細胞ワクチン療法(がん治療)説明会 全国各地で開催中。
詳細はこちらから

なぜがんワクチン治療と言われるのか?

ワクチンの考え方の基本は、特定の病原体が体内に侵入する前にその病原体に対する特異的な免疫力を高めておこう、というものです。私たちの体の中では絶えず、「自己」でないもの(体内に侵入した病原菌やウィルス等が相当します)を排除する仕組みが働いています。なかでも免疫細胞の一種であるリンパ球は、病原体を1種類ずつ、特異的に認識して排除した上、その相手を記憶して、再び同じ病原体に出会ったときにすぐに認識・排除に移れるよう準備します。これをうまく利用したのが「ワクチン」で、毒性を弱めたり死滅させた病原体を接種してリンパ球にあらかじめ外敵の情報を記憶させ、その襲来に備えます。

一方、「がんを治すワクチン」という発想の始まりは、1991年にベルギーのBoon博士によりヒトのがんで、「正常組織ではほとんど発現が見られず、がんでのみ発現が認められる遺伝子」が発見されたことによります。(Science 254:1643-1647, 1991)

この遺伝子から生み出される物質を「がん抗原」として標的にすれば、抗がん剤や放射線治療のように正常細胞を傷害することなく、がん細胞のみを攻撃することが可能だろう、という発想ががんワクチンです。本来持っている免疫力を高めてがん細胞を攻撃するため、正常細胞を傷つけず、副作用も起こりにくいと考えられています。

そこで、本来の意味からは逸脱しますが、抗原に対し特異的な免疫反応を人為的に作り出すという点で、「ワクチン」という言葉が、使われるようになりました。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP