樹状細胞ワクチン療法

他の免疫療法との違い

がん免疫療法は「非特異的」から「特異的」へ

樹状細胞ワクチン療法と、その他のがん免疫療法は、いったい何が違うのでしょう。がん免疫療法の臨床応用が始まった1970年、80年代当初は免疫賦活剤やサイトカイン療法といわれるものが中心でした。しかし、当時はまだ免疫の仕組みが十分に解明されておらず、試みられたがん免疫療法は、あまり効果が得られなかったり、大きな副作用が生じたりしました。

その後、がんの免疫にリンパ球が重要な役割を果たしていることが明らかとなり、体外でリンパ球を増やして再び体内へ戻す「活性化リンパ球療法(LAK療法)」などが実施されるようになります。しかしながら、残念なことにこちらも期待したほどの効果は得られませんでした。原因として、この方法は、抗腫瘍免疫を担うリンパ球にがんの目印を覚えこませていない非特異的免疫療法だったので、効率的にがん細胞を攻撃することが出来なかったのです。

がん細胞を狙い打つ「特異的」免疫療法の『樹状細胞ワクチン療法』

1990年代に入ると、がん免疫療法は大きな進歩を遂げることになります。その契機となったのが、

  1. 免疫細胞のひとつである樹状細胞の役割が解明されたこと、
  2. がんの目印(がん抗原)が次々と発見されたこと、

の2つでした。これらにより、がんの目印を樹状細胞へ覚えこませて体内に戻す「樹状細胞ワクチン療法」が実現したのです。

体全体の免疫力を高めてがんを治療しようとする「非特異的」免疫療法に比べて、樹状細胞ワクチン療法はがん細胞を狙い撃つ「特異的免疫療法」なので、より高い治療効果が期待できます。

また、樹状細胞ワクチンで重要なことは、免疫の働きを強める「アクセル」となる「Th1反応」(がん細胞を攻撃するリンパ球を活性化させる反応)を起こさせることです。この反応は治療効果を左右する非常に重要な点で、樹状細胞ワクチンが「強化型がんワクチン」と言えるポイントです。

樹状細胞ワクチン療法技術と治療の流れ


樹状細胞は、2011年ノーベル医学生理学賞を受賞したロックフェラー大学の故ラルフ・スタインマン教授がその働きを解明した免疫細胞であり、今、世界中でこの細胞を用いた新たな免疫療法の開発が試みられています。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP