樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞とは

樹状細胞の働き

体内に侵入してきた細菌、ウィルスが感染した細胞やがん化した細胞などは、異物として免疫細胞に発見され、そして排除されます。その際、免疫細胞は各々の役割を分担しながら、緻密に連携しあって働いています。例えば、「がん細胞を見つけて、その情報(目印)を伝達する者」、「攻撃する者」、「仲間を元気づける者」などです。

樹状細胞は、そうした連携の中にあって、司令官のような役割を果たしている重要な細胞です。がん細胞に出会うと、樹状細胞はそのがん細胞を食べ、その断片を自らの表面に提示して、リンパ球にがん細胞の特徴(目印)を教えます。すると、リンパ球はがん細胞を識別できるようになるのです。

がん細胞の目印を教える樹状細胞

わたしたちの体の中では、毎日、5,000個程度の細胞ががん化していると言われていますが、免疫細胞がこれらがん細胞を排除しているので、がんが顕在化することはありません。しかしながら、がん細胞は、自身ががん細胞であることを隠す場合があります。そして、免疫細胞の攻撃から上手に逃れ、密かに増殖します。
こうなった場合、がん細胞に特徴的な目印を標的としてがん細胞を攻撃する「特異的免疫」が、抗腫瘍効果に寄与します。

具体的には、

  1. 樹状細胞が、がん細胞の残骸等を見つけて食べて(貪食:どんしょく)、がんの目印を手に入れます。
  2. がんの目印を手に入れて一人前の司令官となった樹状細胞は、リンパ球にがんの目印を教え、がん細胞を攻撃するように指示します。
  3. がんの目印を教わったリンパ球は、がん細胞を攻撃します。

※ がん細胞はリンパ球からの攻撃を逃れようとして、がんの目印を隠すことがあります。これを補完するのがリンパ球の一種のナチュラルキラー細胞(NK細胞)です。NK細胞については免疫細胞の種類と働きを参照ください。

樹状細胞は、2011年ノーベル医学生理学賞を受賞したロックフェラー大学の故ラルフ・スタインマン教授がその働きを解明した免疫細胞であり、今、世界中でこの細胞を用いた免疫療法の開発が試みられています。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP