免疫療法とは

がんと免疫の深い関係

がん細胞も異物のひとつ

私たちのからだ(自己)は、免疫細胞群の緻密な連携によって、病原菌やウィルスなど(非自己)の外敵から守られています。免疫細胞群は、常に、外界から体内に侵入してきたウィルスや細菌などや、体内の異常を監視し、異物を感知した場合には、それを破壊して排除します。

細胞の中には遺伝情報としてDNAが含まれています。DNAは、なんらかの原因で変異が発生したり、多少傷ついても修復され、元に戻ったり、アポトーシスを誘導して自滅したりしますが、稀に正しく修復されないことがあり、この結果、無秩序に細胞分裂を行い増殖してしまう細胞があります。このように、無秩序に増えコントロールを失ったものを「がん」と呼びます。無秩序に増えたがん細胞は、正常な細胞に対して悪影響を与え、健康を害します。

※アポトーシスとは:生体には不要な細胞や有害な細胞に細胞死を誘導し、これを排除する仕組みが存在します。この細胞死をアポトーシスといいます。

がん化した細胞を排除する“腫瘍免疫”

正常細胞のがん細胞化は、それほど珍しい現象ではありません。体内では毎日のように起こっている現象です。しかし、免疫細胞群がそれを“非自己”として認識し、排除するため、大きながんに育つことはほとんどありません。

免疫システムが行う、がん化した細胞への攻撃は、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が優れています。特に、初期の数の少ないがん細胞であれば、そのほとんどがNK細胞によって排除されます。またNK細胞ががん細胞を減らす攻撃力よりも、がん細胞の増殖能力が勝っているような場合でも、リンパ球や好中球など、他の免疫細胞群が動員され攻撃を加えて、最終的にがん細胞は排除されます。
このように免疫細胞群は、ウィルスや細菌といった外敵だけではなく、同時にがんという病気からも私たちを守っています。

もともと自己であるためがん細胞は見分けにくい

以上のように免疫システムは、がん化した細胞を排除してくれますが、がん細胞も増殖するために、さまざまな手段で免疫細胞からの攻撃を回避しようとします。例えば、異常な細胞として免疫細胞に見つかると攻撃されるため、正常細胞の「ふり」をして攻撃を逃れようとします。そもそもがん細胞は、正常な細胞が変異して生じる細胞のため、免疫細胞群から見ても判別が難しく、攻撃の機会を逃す場合も多々あります。一方で、がん細胞に際立つ目印もあります。この目印をターゲットとして免疫細胞にがん細胞を攻撃させる免疫療法を「特異的免疫療法」といいます。

詳しくは「他の免疫療法との違い」のページで解説しています。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP