免疫チェックポイント阻害剤

樹状細胞ワクチン療法とニボルマブ(商品名:オプジーボ®*)をはじめとする免疫チェックポイント阻害剤との違いは?

T細胞の働きを調節する2つの信号

樹状細胞ワクチン療法と免疫チェックポイント阻害剤。どちらも広い意味での「がん免疫療法」に含まれますが、この2つの治療法には違いがあります。

人の体には、免疫力によってがん細胞を排除する機能が生まれつき備わっています。がん細胞を攻撃する兵隊はTリンパ球(T細胞とも呼ばれる)という細胞です。Tリンパ球は初めからがんを攻撃できるわけではなく、樹状細胞という司令官から教育を受けて攻撃能力を獲得します。体内でがんが生まれると、樹状細胞はがん細胞を飲み込みます。それから樹状細胞はリンパ節に移動し、飲み込んで破壊したがん細胞のかけら(がん抗原)をTリンパ球に示して、Tリンパ球に「がんの目印はこれだ」と教えこみます。教育されたTリンパ球は、樹状細胞が示したものと同じがん抗原を持つ細胞(すなわち、がん細胞)を見分けられるようになります。樹状細胞によるがん抗原の提示は、Tリンパ球への第一の信号です。

がん細胞を認識したTリンパ球がつぎにどのように行動するかは、第二の信号によって変わります。第二の信号は「免疫補助シグナル」と呼ばれ、2つのタイプに分けられます。1つは、Tリンパ球を活性化させて、がんに対する攻撃を促す信号です(促進型シグナル)。もう1つは、Tリンパ球ががん細胞に対して反応しなくなるようにする信号です(抑制型シグナル)。

第一の信号を強めてがん免疫を加速させる樹状細胞ワクチン療法

第一の信号と第二の信号のうち、樹状細胞ワクチン療法は第一の信号に関係しています。もともと体内にある樹状細胞は少ないので、体外で培養して数を増やします。培養の際には樹状細胞にがん抗原を与えるので、培養された樹状細胞は司令官としてTリンパ球を教育する能力も備えた状態になります。こうしてできた樹状細胞を樹状細胞ワクチンとして体内に戻すことで、より多くのTリンパ球ががん細胞を攻撃するように教育され、がんに対する攻撃力は高まると考えられています。

すなわち、樹状細胞ワクチン療法はがん免疫における第一の信号(樹状細胞がTリンパ球にがん抗原を教えこみ、Tリンパ球ががん細胞を見分けられるようになる)を強化する治療法だと言えます。

免疫を抑える第二の信号を解除する免疫チェックポイント阻害剤

これに対して、免疫チェックポイント阻害剤は第二の信号と関係しています。例えば、Tリンパ球の表面にはPD-1という分子が、がん細胞の表面にはPD-L1という分子が出ています。このPD-1とPD-L1とが結びつくと、Tリンパ球に抑制型シグナルが伝えられ、Tリンパ球はがん細胞に反応しなくなります。PD-1とPD-L1の結合を妨げて、抑制型シグナルがTリンパ球に伝わらないようにするのが、ニボルマブ(商品名:オプジーボ®*)のような抗PD-1抗体や、抗PD-L1抗体といった免疫チェックポイント阻害剤です。免疫チェックポイント阻害剤は、がん細胞に反応しなくなっていたTリンパ球が再びがんに反応できるようにする薬剤です。

樹状細胞ワクチン療法と免疫チェックポイント阻害剤は、がん免疫の違う部分に働きかけて、がんを攻撃する力を高めます。樹状細胞ワクチン療法と免疫チェックポイント阻害剤とは併用できると考えられています。作用が異なる2つの治療法を組み合わせることは合理的で、がんに対する免疫力を高める上で好都合であると期待されています。

* オプジーボ®は、小野薬品工業株式会社の登録商標です(登録番号第5627149号)。

主な参考資料

  • 「実験医学」Vol. 33, Sep. 2015
  • 「泌尿器外科」Vol. 28, Jul. 2015

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP