消化管

消化管のがん

消化管は、口から肛門までの食物が通る管です。全長は約9メートルにもなります。食物は食道、胃、小腸、大腸などを通って消化、吸収されます(図1)。この消化管に発生するがんが消化管がんです。消化管がんには、食道がん、胃がん、大腸がんなどがあります。
最近のわが国の調査によると、がんにかかった人のなかで一番多い部位(2011年)が胃がん、次いで大腸がんです。男女別に見ても、男性で1位胃がん、2位前立腺がん、3位肺がん、4位大腸がん、女性で1位乳がん、2位大腸がん、3位胃がん、4位肺がんと、男女とも胃がん、大腸がんが上位を占めていることがわかります。死亡率(2013年)、つまり一定人口あたりのがんで亡くなる人の数も同様で、肺がんに次ぐ2位、3位が胃がん、大腸がんです。大腸がんの死亡率は男女とも上昇し続けていて、女性では10年ほど前から1位を独走しています(図2)。一方、消化管がんの予後は、食道がんを除き、比較的良いほうです。胃がんや大腸がんである結腸がん、直腸がんの5年生存率はいずれも60~70%です(図3)。

図1 消化管の構造


国立がん研究センター がん対策情報センター
がん情報サービスより引用

図2 がん部位別死亡率の年次推移(上段 男性、下段 女性)


国立がん研究センター がん対策情報センターがん情報サービスより引用
図3 がん部位別5年相対生存率(2003-2005年診断例、男女計)

国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報サービスより引用

主な参考資料

  • 財団法人がん研究振興財団「がんの統計’14」
  • 小林正伸著「やさしい腫瘍学」南江堂、2014年
  • 国立がん研究センターがん対策情報センター「各種がん102食道がん-受診から診断、治療、経過観察への流れ」2012年3月改訂第2版
  • 国立がん研究センターがん対策情報センター「患者必携 食道がんの療養情報」学研メディカル秀潤社
  • 日本食道学会編「食道癌取扱い規約2007年4月第10版補訂版」金原出版、2007年
  • 日本食道学会編「食道癌診断・治療ガイドライン2012年4月版」金原出版、2012年
  • 国立がん研究センターがん対策情報センター「各種がん101 胃がん-受診から診断、治療、経過観察への流れ」2015年2月改訂第3版
  • 日本胃癌学会編「胃癌治療ガイドライン医師用2014年5月改訂第4版」金原出版、2014年
  • 大腸癌研究会編「大腸癌治療ガイドライン医師用2014年版」金原出版、2014年
  • 大腸癌研究会編「患者さんのための大腸癌治療ガイドライン2014年版」金原出版、2014年
  • 国立がん研究センターがん対策情報センター「各種がん103 大腸がん-受診から診断、治療、経過観察への流れ」2012年3月改訂第2版

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP