がんの標準治療

「標準治療」とは

標準治療とは、科学的根拠に基づき推奨される治療です。

がんと診断され、治療することになったら、医師は一般に、「標準治療」とされている治療法を勧めます。標準治療とは、科学的な根拠に基づいて、現在利用できる最良の治療であることが証明されている治療です。標準治療が複数あることもありますが、がんの種類や進行の程度にふさわしい標準治療が提示されます。まずはこの標準治療について、医師の説明を十分聞き、納得したうえで治療法を決めるのがよいでしょう。

標準治療は、いわゆる最先端の治療とは違います。新聞やテレビでは「最先端の治療」として、様々な新しい治療法が紹介されていますが、「最先端の治療」が必ずしも最も優れている治療とはいえません。「最先端の治療」は、効果、安全性を検討する臨床試験などによって、それまでの標準治療よりも優れていることがわかった時点で、専門医らによって「標準治療」と位置づけられることになります。

医師から標準治療が示されても、「もっと別の治療法があるのではないか」と思うかもしれません。治療法の選択にあたって、別の医師の考えを聞きたいのであれば、セカンドオピニオン(担当医以外の医師の意見)を求めることができます。セカンドオピニオンを受ける場合は、担当医に紹介状や検査記録などを用意してもらいます。セカンドオピニオンが得られたら、それを参考に、担当医と再び治療方針について話し合います。

がんの標準治療とは基本的に、「3大治療」と呼ばれる手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療を指します。

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP