治験とは

治験とは

治験とは

病気の治療や検査に用いる新しい製品が世に出て病院などで広く使われるようになるためには、副作用や効果に関するデータを国の審査機関に提出して審査を受け、厚生労働省に承認される必要があります。

新しい製品は、まず、ネズミやウサギなどの動物を使った実験で毒性や効果を検証します。しかし、動物実験と同じ結果が人間でも得られるかどうかは分かりません。そこで、ボランティア(患者さんや健康な方※1)にその製品を投与してみて、人間でも期待した効果が得られ、予想外の重い副作用が出ないかを確認します。人間を対象にしたこのような研究を「臨床試験」と呼びます。

臨床試験の中でも、厚生労働省の承認を得るために必要なデータを集めるために行うものは、「治験」と呼ばれます。治験は、一般的な臨床試験よりも厳格なルールにもとづいて行われます。

※1 がん治療用の製品については、比較的強い副作用が予想される抗がん剤などが含まれる場合もあることから、がん患者さんを対象にした治験/臨床試験のみが行われ、健康な方での治験/臨床試験は行われないことも多いです。


治験に参加したいときは

国内でどのような治験/臨床試験が行われているかは、インターネットで調べることができます。

臨床研究情報ポータルサイト(国立保健医療科学院)
https://rctportal.niph.go.jp/

国立保健医療科学院が運営するポータルサイトです。日本で行われている治験や臨床試験の情報を検索できます。また、病気の解説や治療薬、海外の治療薬や臨床研究の情報も提供しています。

まずはトップページのフリーワード検索に病名を入れて検索してみてください。絞り込み検索を行う場合には、地域で絞り込むか、募集中のもの(「参加者募集中」、「一般募集中」、「限定募集中」)で絞り込むと効率が良いでしょう。

治験に参加するときの注意点は

ボランティアとして治験に参加することで、新しい治療を試す機会が得られる可能性があります。また、未来の患者さんのための社会貢献としての意義も大きいでしょう。

しかし、治験は通常の診療とは違って、治療よりも研究としての側面が大きいということに注意しなければなりません。予期せぬ重い副作用が起きるおそれがあります。また、治験に参加するためには、さまざまな条件(年齢、病状・体調、過去の治療など)を満たす必要があります。さらに、決められたスケジュールどおりに通院すること、必要な検査・調査に協力すること、日常生活の注意を守ることなどが求められる場合がほとんどです。

詳しくは、治験を実施している医療機関に直接問い合わせるか、主治医にご相談ください。

また、実際に治験/臨床試験に参加した患者さん(あるいは参加を誘われたものの参加しなかった患者さん)の経験談を視聴できるウェブサイトがあります。さまざまな立場からの意見は参考になるでしょう。

健康と病いの語り(認定NPO法人ディペックス・ジャパン)
http://www.dipex-j.org/

参考資料

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP