がんの基本知識と治療

先進医療

以上で掲げた治療は、公的医療保険が適用される保険診療です。しかし、公的医療保険が適用されないがんの治療法もたくさんあります。そのなかには、優れた効果を示す新しい治療法も含まれています。ところが、保険が適用されない治療を受けようとすると、保険診療であるはずの標準治療や診察、検査、入院などの費用もすべて保険適用外となってしまいます。日本では、保険診療と、保険が適用されない自由診療とを併用する混合診療が原則認められていないからです。医療費はきわめて高額になり、実質的に治療が受けられない状態になります。

そこで、こうした仕組みの例外として、公的医療保険が適用されない医療のうち、厚生労働大臣が特別に定めた医療(先進医療)については保険診療との併用を認めるという制度が作られました。これを先進医療制度と呼びます。先進医療と認められた医療を受ける場合、先進医療にかかる費用は全額自己負担ですが、保険診療には公的医療保険が適用されます。

先進医療は詳しくは、厚生労働省の下記ホームページを参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/sensiniryo/index.html

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP