樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法とは

司令官を体の外で増やします

樹状細胞は、免疫細胞に分類され、リンパ球にがんの目印を教えてがんを攻撃させる、いわゆる抗腫瘍免疫における「司令官」です。しかしながら、がん細胞が増えすぎると、樹状細胞の働きが追いつかなくなることもあり、その結果、がん細胞が増殖してしまいます。 その問題を解決するため、樹状細胞を体外で培養し、増やしてから患者さんの体内に戻す「樹状細胞ワクチン療法」が開発されました。以下に、樹状細胞ワクチン療法の概要をご説明します。

がんに厳しく患者さんにやさしい治療法

樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞の働きを活かしたがん治療です。もともとがん細胞は、 自分自身の正常細胞から変異しているため、樹状細胞といえどもがん細胞を認識することは容易でありません。そこで、ご自身のがん組織や、人工的に作製したがんの特徴を持つ物質(がん抗原)を用いて、患者さんの樹状細胞にがんの目印を認識させてから体内に戻します。すると体内では、リンパ球が樹状細胞からがんの目印を教わり、がん細胞を狙って攻撃を開始します。

このように、樹状細胞ワクチン療法は、がん細胞を攻撃し、かつ正常細胞を傷つけないことから、「がんに厳しく患者さんにやさしい治療法」と言われます。がん免疫療法の歴史は1970年代から始まり、その種類は多岐にわたりますが、その中でも樹状細胞ワクチン療法は「特異的免疫療法」に分類される、第4世代のがん治療法とされています。

人工がん抗原を用いて樹状細胞を司令官にする方法

がんの目印を樹状細胞へ覚えさせるためには、手術などで取り出した患者さんのがん組織が必要になります。しかし、既に手術を終えて、がん組織を摘出・廃棄済みの場合や、全身状態が悪くてがん組織を採取できない場合があり、自己がん組織を用意するのは容易ではありません。

そこで考え出されたのが、多くのがん種で高頻度に発現しているがんの目印を人工的に合成し(人工がん抗原)、それを樹状細胞に覚えこませる方法です。そして、この人工がん抗原の中で注目を集めているのが、「WT1ペプチド」です。このがん抗原は、多くの固形または血液がんに発現しているため、樹状細胞が認識すべきがんの目印として好都合です。現在までに、樹状細胞ワクチン療法に使用できる人工がん抗原は数多く開発されてきましたが、それらの中でもWT1ペプチドは有用ながん抗原として高い評価を受けています。

各がん種におけるWT1の発現率

dendriric01

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP