免疫チェックポイント阻害剤

免疫チェックポイント阻害剤とは

ニボルマブ(商品名:オプジーボ®)に次いでイピリムマブ(商品名:ヤーボイ®)も日本で承認
新世代の免疫治療薬「免疫チェックポイント阻害剤」

ニボルマブ(商品名:オプジーボ®)をはじめとする免疫チェックポイント阻害剤とは

近年、がんの治療において「免疫チェックポイント阻害剤」と呼ばれる一連の新薬が登場し、世界中で注目されています。

「チェックポイントcheckpoint」とは、英語で「検問所」という意味です。免疫細胞が活性化して病原体やがん細胞と戦うことは大切なことです。しかし、免疫が高まり過ぎると自らの健康な細胞も傷つけてしまうことになるので、私たちの体はチェックポイントで免疫細胞にブレーキをかけて、免疫のバランスを維持します。

ところが、がん細胞はこのブレーキ機能を逆手にとって、体ががん細胞を攻撃する力を抑え込みます(これを、がんの免疫逃避と呼びます)。チェックポイント阻害剤は、がん細胞がたくみに免疫から逃れて生き延びようとするのを阻止する薬です。ここでは、抗PD-1抗体のニボルマブ(商品名:オプジーボ®)を例に、チェックポイント阻害剤の作用機序を説明します。


免疫チェックポイント阻害剤が作用する仕組み、ニボルマブ(商品名:オプジーボ®)を例に

「PD-1(Programmed Death-1)」は、活性化したT細胞の表面に出てくるタンパク質として、京都大学の本庶佑教授らの研究グループによって発見されました。その後の研究で、PD-1は、T細胞が活性化され過ぎた状態が続かないようにT細胞を抑える信号を伝えることが分かりました。がん免疫では、T細胞に攻撃されたがん細胞は、PD-1を介してT細胞を抑える信号を流して、T細胞ががん細胞を攻撃できないようにしてしまいます。すなわち、がん細胞が自らを守るために、チェックポイントでT細胞にブレーキをかけてしまうのです。

T細胞にかかったブレーキを外すのがニボルマブです。ニボルマブは、活性化したT細胞の表面にあるPD-1にしっかりと結合し、がん細胞が出したT細胞を抑える信号をブロックします。これによって、T細胞にかかったブレーキが外され、T細胞は活性を取り戻して、再びがん細胞を攻撃できるようになるのです。

メラノーマで初の承認、肺がんや腎細胞がんにも適応拡大

アメリカで2011年3月にイピリムマブ(商品名:ヤーボイ®)がメラノーマ(悪性黒色腫)の治療薬として承認されたのを皮切りに、2014年9月にペンブロリズマブ(商品名:キートルーダ®)、同年12月にニボルマブが相次いで承認されました。日本でも、世界に先駆けて2014年7月にニボルマブがメラノーマに対して承認され、翌年の7月にはイピリムマブも承認されました。さらに、ニボルマブの適応については、2015年12月に非小細胞肺がんに広がり、2016年4月の段階で腎細胞がんやホジキンリンパ腫に対する効能・効果の追加が申請されています。チェックポイント阻害剤が有効ながんは多岐に渡ると考えられており、適応となる疾患のさらなる拡大を目指して各国で臨床試験が行われています。

免疫チェックポイント阻害剤は、体内の免疫力を活かしてがんを治療する薬剤で、これまでの抗がん剤とは全く異なるメカニズムで作用します。免疫チェックポイント阻害剤の登場は、がん治療の歴史を大きく転換させ、がん免疫療法の新しい時代を切り拓いたのです。

主な参考資料

  • 米国食品医薬品局「Drugs@FDA」
  • 「メディカル・サイエンス・ダイジェスト」Vol. 41, Aug. 2015
  • 「実験医学」Vol. 33, Sep. 2015
  • 「医学のあゆみ」Vol. 256, No. 7, Feb. 2016

本サイトはがん免疫療法の開発企業テラ株式会社(JASDAQ上場)が提供しています。

テラの免疫療法についてのお問い合わせはこちら
03-5937-2111
WEBからのご質問はこちら
TOP